歴 史

てつびんはわが国の煮水器から,それから日本で流行し,悠久の歴史がある。てつびんは伝統の鋳造方法と手工作りの生鉄器具だ。

てつびんは水を煮て,てつびんは塩素イオンを吸える。一方,てつびんも水質を軟化できるし。お茶の香りをアップできるし。人体の健康のFe 2+を釈放します。日本での人はてつびんを使う習惯が。データによると,てつびんを使う人の中,大半の人は貧血ではない,そして,鉄質現象の欠乏でもない。


てつびんは初めて使い,最初お茶け布でてつびんに置いてしる,それから水で煮るのは約60分だ。(ほかにレモンを使えるのは直接にてつびんに置くには異臭を除しています)。こうして,茶葉中の丹寧とてつびん中の溶け鉄,鉄瓶の表面で丹宁鉄の皮膜を形成する,こうして,もっとさびがつきにくい。煮てからてつびんの中の水を舍てる,2~3回缲り返し,までに水が綺麗になせでる。新しい瓶を使う時、毎日使ってください,こうして水をかは速やかに覆ている。


ニュース->日本の古い鉄のポットの使うと保養の方法

どのように古い鉄のポットを使う

いち.初めて使う鉄瓶は、まず一杯のお茶を包み入れで良い鉄瓶に加え、水煮から水たぎって、沸騰~15分、そしてポット内の水を入れて碗の中で白い杯又は。3度繰り返し、水質が透明、においがありません。お茶に含まれるタンニンと鉄壺は溶けた鉄は、鉄びん表面層を形成するダン宁铁の皮膜を容易に生の壷に刺繍。

2 .壷内最多と8分水、一般的な鉄瓶と鉄瓶との結合口、水が沸騰しないように。水を煮て沸騰した時、水蒸気から壷口やポットカバー噴出し、この時を防ぐ火傷。加熱後のつぼの身とポットカバーが熱くて、水を注いでも大丈夫タオルを軽く押さえてポットカバーを防ぐために、壷を落とし、蓋を開けた時もタオルで軽く押さえてポットカバーを点けるカバー。

さん.鉄瓶に適して炭火の熱源は一番いいのは、日本での日替わり香港鉢炭火で、実用はセンスがある。もし使っ電熱コンロやガスストーブ、レンジで加熱し、中等度のエネルギー(700ぐらい)、緩やかに増加鉄分を放出して、飲用水の食感は、体に吸収を助けるミネラル。

4 .を使うたびに、ポット内で水分たっぷり蒸発、鉄のポット完全冷却以前、先に蓋を蓋、しないでください。

鉄壺の手入れ

1 .鉄のポットは乾燥所に置く、湿気を避ける。一度は長期にわたり、最後に一回使用することを提案して、サイフォン内にいかなる水分がなくても、炭や竹の炭をして、ビニール袋、ボンネットとほこりを遮断します。

に.鉄瓶の外部ケアもっと簡単、壷が余温時茶巾拭く等しで、長い時間を経て、自然に可憐な光沢を放つ。

3 .鉄のポットにとって、最良の保養方式、よく使われて、このようにやっと錆びがないことができます。

よんしよ.壷に水が不足して、提案加熱水補充水量。鉄びんを使う場合は温度差を防ぐ。ポット温が低い場合は熱湯に加入することを避けて。サイフォン、水、冷水、でなければ、サイフォンのリスクがあります。水の中に水をやらないで、鉄の鉄瓶を短くする寿命を短くすることができます。

5 .鉄びんは約5日後、内壁は斑点、10日前後に白の水垢が出てくる、これは正常現象だ。場合は、スポンジや柔らかいタオルをそっと拭いて。

6 .洗浄鉄のポットを洗浄する時清水、洗剤は油脂がただ油脂に行くことができないで、洗剤を使用する必要はありません。裏ごしは柔らかいブラシで洗うことができ、異なったお茶を使うのは異なっての裏ごしを使うことを使います。


Copy Right © 2000-2016 のハンドメイド制金鋳堂 All rights reserved.

  • 底部sns1
  • 底部sns1
  • 底部sns3