歴 史

てつびんはわが国の煮水器から,それから日本で流行し,悠久の歴史がある。てつびんは伝統の鋳造方法と手工作りの生鉄器具だ。

てつびんは水を煮て,てつびんは塩素イオンを吸える。一方,てつびんも水質を軟化できるし。お茶の香りをアップできるし。人体の健康のFe 2+を釈放します。日本での人はてつびんを使う習惯が。データによると,てつびんを使う人の中,大半の人は貧血ではない,そして,鉄質現象の欠乏でもない。


てつびんは初めて使い,最初お茶け布でてつびんに置いてしる,それから水で煮るのは約60分だ。(ほかにレモンを使えるのは直接にてつびんに置くには異臭を除しています)。こうして,茶葉中の丹寧とてつびん中の溶け鉄,鉄瓶の表面で丹宁鉄の皮膜を形成する,こうして,もっとさびがつきにくい。煮てからてつびんの中の水を舍てる,2~3回缲り返し,までに水が綺麗になせでる。新しい瓶を使う時、毎日使ってください,こうして水をかは速やかに覆ている。


真偽の確認
検索コードを入力して下さい:  -  -

Copy Right © 2000-2016 のハンドメイド制金鋳堂 All rights reserved.

  • 底部sns1
  • 底部sns1
  • 底部sns3