歴 史

てつびんはわが国の煮水器から,それから日本で流行し,悠久の歴史がある。てつびんは伝統の鋳造方法と手工作りの生鉄器具だ。

てつびんは水を煮て,てつびんは塩素イオンを吸える。一方,てつびんも水質を軟化できるし。お茶の香りをアップできるし。人体の健康のFe 2+を釈放します。日本での人はてつびんを使う習惯が。データによると,てつびんを使う人の中,大半の人は貧血ではない,そして,鉄質現象の欠乏でもない。


てつびんは初めて使い,最初お茶け布でてつびんに置いてしる,それから水で煮るのは約60分だ。(ほかにレモンを使えるのは直接にてつびんに置くには異臭を除しています)。こうして,茶葉中の丹寧とてつびん中の溶け鉄,鉄瓶の表面で丹宁鉄の皮膜を形成する,こうして,もっとさびがつきにくい。煮てからてつびんの中の水を舍てる,2~3回缲り返し,までに水が綺麗になせでる。新しい瓶を使う時、毎日使ってください,こうして水をかは速やかに覆ている。


説明書

てつびん

てつびんは初めて使い,最初お茶け布でてつびんに置いてしる,それから水で煮るのは約60分だ。(ほかにレモンを使えるのは直接にてつびんに置くには異臭を除しています)。こうして,茶葉中の丹寧とてつびん中の溶け鉄,鉄瓶の表面で丹宁鉄の皮膜を形成する,こうして,もっとさびがつきにくい。煮てからてつびんの中の水を舍てる,2~3回り返し,までに水が綺麗になせでる。新しい瓶を使う時、毎日使ってください,こうして水をかは速やかに覆ている。

てつびんは熱源を使うのは碳火だ。今電気炉,電気陶炉と電磁炉を使うのもいいだ。でも中度の熱量を使うのは加熱する。てつびんはだかだんと加温の過程の通過し,鉄質はだんだんに釈放し出す。こうして,水飲むの味わいを增加する。そして,身体の中の鉱物質を吸収することができる。

日常使う時に,8分に水を入れてください,水が沸騰した後に溢れる。鉄びんは約5日間使用してから,内部には赤い斑点が現れる,10日ぐらい白い水垢を出す。これは正常現象で、水が混濁しないで飲むことができると、取り除かないでください。もし、情況が酷くなったら、スポンジ、ソフト物を洗濯します。

毎回使ってから、小火で十足に蒸発し、パッケージは乾燥を保つ、鉄瓶は全部冷めたくなる前、蓋をしないでください。煮た水は瓶に置い、蓋をしなければ、瓶の中の蒸気は水滴になって、こうして、鉄瓶はさびがついている

注意事項:

1)手に直接に鉄瓶の内部を触らないで、内部は布で洗濯しないでくだい、布は清潔.剤を使うのはだめで、皮膜の保護作用を破壊することを避ける

2)冷水を使わないのは熱瓶を入れる、転んで触る

3)乾燥する所を置いて、長時間使わないとき、鉄瓶の乾燥を保てください

4)お茶は瓶内に一晩中できない、使用後すぐに洗濯してください

5)鉄瓶の表面の光を保つために、鉄瓶はまだ余熱がある時、布で少量の水を使って。拭いています、鉄の光は徐々に現れることができる。拭いてから小火で蒸発して、乾いた柔らかい.布を拭いてください

6)体の健康のために、純鉄瓶を使いなければならない、鉄瓶がエフイーを補充し、水質改善だ

7)電子レンジで加熱しないようにしてください



Copy Right © 2000-2016 のハンドメイド制金鋳堂 All rights reserved.

  • 底部sns1
  • 底部sns1
  • 底部sns3