歴 史

てつびんはわが国の煮水器から,それから日本で流行し,悠久の歴史がある。てつびんは伝統の鋳造方法と手工作りの生鉄器具だ。

てつびんは水を煮て,てつびんは塩素イオンを吸える。一方,てつびんも水質を軟化できるし。お茶の香りをアップできるし。人体の健康のFe 2+を釈放します。日本での人はてつびんを使う習惯が。データによると,てつびんを使う人の中,大半の人は貧血ではない,そして,鉄質現象の欠乏でもない。


てつびんは初めて使い,最初お茶け布でてつびんに置いてしる,それから水で煮るのは約60分だ。(ほかにレモンを使えるのは直接にてつびんに置くには異臭を除しています)。こうして,茶葉中の丹寧とてつびん中の溶け鉄,鉄瓶の表面で丹宁鉄の皮膜を形成する,こうして,もっとさびがつきにくい。煮てからてつびんの中の水を舍てる,2~3回缲り返し,までに水が綺麗になせでる。新しい瓶を使う時、毎日使ってください,こうして水をかは速やかに覆ている。


ニュース->日本の古い鉄のポットの鑑賞と収蔵

近年、「お茶人」というのは、昔から知り合い、収集、日本の古い鉄壺として知られている。持っている古い鉄瓶を怡情養生できるだけでなく、人々の生活を求める品質の1種の方式。10月10日午前、純粋な「壺」は、日本の古い鉄壺鑑賞収蔵講座は、省都嘉海芸術館で開催されます。

茶客ににとって、お茶を沸かす欠かせない鉄瓶、銑鉄鋳造の古い日本鉄壷煮だす水口感柔らかい、甘い、用いてお茶を入れ、それは持ち合い。お茶を煮て過程で、古い鉄のポットは水分の中の塩素イオンを吸収して、そして二価鉄を吸収して、長期飲む、貧血、鉄製を予防することができます、鉄製、お茶を飲む人は実用的な価値があります。また、早期日本老鉄瓶離れて今、200年ぶり。「昔から知る、知る」、文化と歴史が、人々の「物」と「非物質」の文化遺産にも、持っていた者には。鉄のポット、日本茶文化と生活の1つの構成部品、もっと人が歴史のあの“来ること”と“隠れ”の謎の殿堂に入りやすいようにするようです。鉄壷の造型、工芸、堂口、制作者、すべて人文精神、中国の磁器、人類歴史の貢献は巨大な。また、その中にある工芸品が美しく、品質が優れた上品な作品として、日本の古い鉄壺も高い収蔵価値と鑑賞価値を持ち。


Copy Right © 2000-2016 のハンドメイド制金鋳堂 All rights reserved.

  • 底部sns1
  • 底部sns1
  • 底部sns3